顧問契約

顧問契約(年間)のメリット

リーズ法律事務所では、顧問弁護士契約をおすすめしています。顧問弁護士契約には、例えば、次のようなメリットがあります。

定期巡回などの密なコミュニケーション

従来の顧問弁護士というと、いわば「用心棒」のように、訴訟事件が発生したら頼むだけで、平時には用心棒代や保険料のように、月額5万円、10万円などと支払っているだけの存在でした。いまだに、そのような顧問弁護士を抱えている企業も多いでしょう。

しかし、平時や事業が好調なときこそ、コンプライアンス体制やガバナンス体制の強化を図り、溜まった膿を出すチャンスです。

リーズ法律事務所では、平時であっても、いや平時こそ、お客様一人ひとりのご事情に合わせた質の高い提案や、最良の解決に導く絶好の機会と捉え、一定の内部監査や定期巡回を通じ、企業や事業体の執行ラインの方々と密なコミュニケーションを図ることで、問題をあぶり出し、より良い組織へと変身するためのお手伝いをします。

また、ベンチャー企業・スタートアップ企業などは、会社の運営を早く軌道に乗せるため、あるいは成長期の多忙の中、とりあえず定型的な契約書の法的問題や、社内規則の問題点を見てほしいというニーズもあるでしょう。
その際にも、定期巡回を含む密なコミュニケーションを通じて、気軽に、レスポンスよく回答することにより、業務のスムーズな進行と発展をお手伝いします。

なお、密なコミュニケーションを図るため、携帯電話やチャットツールなどを有効利用することがあります。

長期的な関係構築による問題の発見、予防、解消、フォローアップ

問題発見

私たち弁護士が、顧問契約締結により、定期的にお客様を訪問させていただくなどして継続的にご相談をお受けしていく過程で、事業内容、会社の組織、内部統制状況など、これまでお客様が気づいていなかった法律問題を発見し、対応しなければならないポイントが明らかとなることもあります。これにより、紛争の未然防止、初期段階での適切な対応につながります。

予防

私たちは、お客様と定期的にお会いしたり、よりパーソナルに携帯電話などのツールを使うことにより、密にお客様とコミュニケーションを図り、起こりうる問題の情報提供をするとともに、お客様の業務に不調がないか、心配事がないかをチェックします。
これにより、問題が起こる前に、対策を取ることで、お客様に生じたであろう損害を未然に防ぎます。
そして、お客様が将来抱えるであろう課題に対して、より能動的に解決策を提案・提言します。

問題解消

また、もし問題が起きた場合にも、すでに信頼関係を構築しており、社内事情に詳しい私たちは、よりスピーディーに問題に対応します。

フォローアップ

問題解消後も、そのフォローアップにより、同じような問題が起きないような体制構築などのお手伝いもします。

特に、リーズ法律事務所の主要業務の一つである、事業承継や相続対応などは、長期的かつ継続的なサービス、保守管理を必要とする業務です。このような難しい問題に長期的かつ継続的に対応するためには、専門家との間に、息の長い信頼関係を築くことが不可欠です。

気軽な相談が可能

リーズ法律事務所では、ビジネスマインドと豊富な経験をもった弁護士が、法律問題のみならず、税務問題や経営に関わる様々な問題に対応します。顧問弁護士は、さまざまな病気・不調の相談にも対応する、「かかりつけ医」のようなもの。顧問弁護士を抱えることによって、日ごろから、いろんなことを気軽に相談できる気安さも無視できません。

法律相談の効率化・低コスト化

リーズ法律事務所では、お客様一人ひとりのご事情に合わせた質の高い提案や、最良の解決に導くためにも、お客様一人ひとりのご要望を丁寧かつ密にお聞きするなど、積極的にコミュニケーションをはかっています。
私たち弁護士は、お客様の抱えている問題を聞くとき、問題のみならず、お客様である企業の経営環境、法務部などの担当部署の抱えておられる事情、個々人のバックグラウンドやご家庭の事情など、多くのことをお聞きすることになります。
このお話を聞くために、お客様の貴重な時間を割いていただくのは、非効率で、コストも掛かります。
顧問弁護士であれば、原則として無料で、迅速に、効率よく対応できます。

情報提供

リーズ法律事務所では、顧問先の関心事に応じた情報提供を随時行っています。
例えば、企業向けの税制や法制度の改正について、ニューズレターやセミナー開催、定期訪問時のプレゼンなどにより、解説を行います。

他士業のご紹介

リーズ法律事務所は顧問先のいわばコンシェルジュとして、顧問先にふさわしい他のプロフェッショナルのご紹介及び協業を通じて最良のサービスを提供するよう努めております。

外部PR

顧問弁護士として対外的に表示いただくことで、社内コンプライアンス体制の構築などをアピールしていただくことも可能です。

顧問契約の報酬

月額5万円~20万円。報酬はサービス内容に応じて増減します。
契約後の報酬体系の変更も可能ですので、ご相談ください。

なお、ベンチャー企業・スタートアップ企業などに対する顧問業務は、その成長を支援するために、月額1~3万円程度で受任する場合もあります。ベンチャー企業・スタートアップ企業などに対する顧問業務の範囲は、例えば、法人設立、秘密保持契約書、定型的な契約書、社内規則、利用規約、特定商取引に基づく表記などの作成やレビュー、面談やチャットツールなどによる法律相談などです。

ご遠慮なくご相談ください。

顧問契約の内容

定期巡回相談、随時相談(携帯電話などで気軽にご相談いただけます)、定形的な契約書レビュー、限定的な内部精査、問題解消後のフォローアップ、優先業務実施、能動的な課題解決策の提案・提言、情報提供などをサービス内容としています。例えば、2~3ページの日本語契約書レビューや比較的定型的な日本語契約書作成であれば、顧問契約の料金内で対応させていただいています。

また、事案の複雑さ、特殊性によって、別途、弁護士報酬が必要となる場合であっても、顧問契約締結による割引(10%~30%)が適用されます。