業務内容

税務・国際税務

今日の企業活動は、多岐にわたり、また国際化しています。そこで得られた収益を最大限享受するためには、税務的な観点からのリスク管理は欠かせません。
リーズ法律事務所では、豊富なビジネス経験を有し、元国税審判官の弁護士が、税務調査のプロである国税出身者の税理士との協業体制により、企業や経営者の抱える税務上の悩みや税務当局との紛争を解決します。

特に、リーズ法律事務所の弁護士は、税務紛争の手続や内容に精通しており、裁判所や国税不服審判所においてより効果的な活動をしてまいります。また、突然の税務調査や刑事問題化した査察事件など、当初から弁護士が関与したほうが効果的な案件や、複雑な国際税務案件についても、力を入れています。

主な取扱業務

税務調査対応、税務訴訟・審査請求対応、税務相談、税務コンプライアンス対応、査察事件対応

企業法務

企業が抱える法律問題は、他の企業との合従連衡、製造物責任、営業秘密、知的財産、下請問題、労働問題など多岐にわたり、法改正も頻繁であることから、企業内部の法務部員や法務担当者の存在にかかわらず、豊富な経験を有する外部弁護士のアドバイスは不可欠であるといえます。
リーズ法律事務所では、長年企業法務に従事した経験を有する弁護士が、企業や経営者の抱える経営上の相談に幅広く対応し、経営上の問題や紛争を解決します。

特に、リーズ法律事務所の弁護士は、大手法律事務所において企業法務に関する幅広い知識と経験を有しており、高い水準のサービスをリーズナブルな価格で提供しています。

また、より密で細やかなサービスをリーズナブルに提供するために、顧問契約もおすすめしています(顧問契約のページをご覧ください)。

主な取扱業務

M&A(プランニング、デューディリジェンスを含む)、契約交渉・契約書作成、事業承継、知的財産権の保護(ライセンス契約を含む)、知的財産権侵害訴訟、企業機密・営業秘密の保持、独占禁止法・下請法問題対応、内部監査、事業廃止・倒産、労働問題、ベンチャー企業のスタートアップ支援・成長戦略支援、国際商取引・海外投資支援、不動産投資

経営者・富裕層関係法務

三代相続すると資産がなくなるといわれる税制度や、税務当局の重点的な調査対象となっている体制の下で、経営者にとって、次世代に対していかに資産や事業を承継するかは喫緊の課題です。また、経営者の保有する資産が国内外に点在したり、家族のあり方も多様化したりするなど、承継には複雑な問題が生じかねません。さらに、巷間、経営者の高齢化や、経営者や資産家の家族内での相続争いも盛んに報じられています。
リーズ法律事務所では、英語で執務可能な元国税審判官の弁護士が、資産税の取扱いに経験豊富な国税出身者の税理士や1級FP技能士などとの協業体制により、国内外に資産を保有する経営者や資産家、富裕層の抱える家族内の心配事、あるいは法務上、税務上の悩みや税務当局との紛争を解決します。

また、より個人的で細やかなサービスをリーズナブルに提供するために、「かかりつけ医」的な弁護士として、個人のお客様にも顧問契約をおすすめしています(顧問契約のページをご覧ください)。

主な取扱業務

事業承継、資産承継、相続対策、相続問題、資産管理、財産移転及び財産整理(信託によるものを含む)、資産防衛、国際相続、海外資産管理、国内・海外投資・融資契約、新規事業・新規投資支援